SlimMagazine

目的別ランキング

特集

コラム

リフトアップエステは効果あり?機械やハンドマッサージのリフトアップ効果を徹底解説!

リフトアップしている女性

「最近なんだか輪郭がぼやけてきた……」そんな人は、顔がたるんできているのかもしれません。顔のたるみを放っておくと、「フェイスラインのもたつき」「ほうれい線」「頬の位置の低下」などが気になりだし、次第にブルドック顔に近づいていってしまいます。

顔のたるみは、老けた印象を与えるエイジングサインの一つです。いつまでも若々しくすっきりとした小顔をキープするためには、リフトアップケアでたるみを引き締めなくてはいけません。

そこでおすすめなのが、「リフトアップエステ」です。リフトアップエステでは「プロの手で行うリフトアップケア」を受けられるので、たるみの原因に効果的にアプローチしてすっきりとした小顔を目指すことができます。

でも、「エステのメニューって本当に効果があるの?」と気になる人も多いはず。そこで、今回は以下の3つのポイントを中心に、リフトアップエステの効果を徹底解説していきます!

point1.
マシンメニューの効果とメカニズム
…科学の力でコラーゲン量をアップ!
point2.
ハンドメニューのリフトアップ効果
…プロの力でむくみをケア!
point3.
リフトアップエステと自宅ケアの違い
…エステでしかできないリフトアップケアとは?

たるみが気になり始めた人、本格的なたるみケアをしたい人はぜひチェックしてみてくださいね!

リフトアップエステのケア方法をチェック!機械とハンドでたるみの原因にアプローチ

リフトアップエステを受ける女性

年齢を重ねるごとに気になり始める顔のたるみ。そもそも、顔はどうしてたるむのでしょうか。まずは、たるみを引き起こす3つの原因に注目してみましょう。

たるみの原因【その1】加齢や紫外線によるハリ・うるおいの減少

肌の奥にある「真皮」という場所には、「コラーゲン」や「エラスチン」などの成分が存在しています。

肌内部の構造

コラーゲンとエラスチンは、どちらも肌のハリ・うるおいを保つために欠かせないものです。しかし、肌が紫外線を浴びるとコラーゲンは分解されてしまいます。さらに、年齢を重ねるとコラーゲンやエラスチンを作り出す力は次第に弱くなるため、その量はどんどん減っていってしまいます。これが、年齢とともに肌のハリ・うるおいが失われていく原因です。

空気が目一杯詰まった風船から空気を抜くと、しぼんで丸い形を保てなくなってしまいますよね。これと同じで、肌内部のコラーゲンやエラスチンが減少すると、肌がしぼんで内側から支えることができなくなります。すると、残ったコラーゲンも肌の重みで伸びてしまい、顔がたるみやすくなってしまうのです。

コラーゲンやエラスチンは、肌のハリを支える大切な成分です。これらの成分が失われていくことで、顔のたるみは進行していきます。リフトアップを目指すためには、「肌のコラーゲンやエラスチンを増やし、しっかりと肌を支えることができる状態にする」ことが、大きな課題の一つとなります。

たるみの原因【その2】筋肉の衰え

笑顔でリフトアップする女性

肌はたくさんの筋肉によって支えられています。この筋肉が引き締まっていると、肌も引き締まり顔のリフトアップに繋がります。しかし、顔の筋肉も体の筋肉と同じで、使わないと衰えてゆるんでしまいます。顔の土台となる筋肉がゆるむと、肌もゆるんで顔のたるみの原因に……。

「加齢による筋肉量の低下」や「動きの減少」により、顔の筋肉は衰えていきます。顔のたるみを食い止めるためには、顔の筋肉を鍛えて引き締めることが必要です。

たるみの原因【その3】むくみや脂肪の増加

顔のむくみ

太って顔の脂肪が多くなったり、むくんで水分や老廃物が顔にたまると、その重みで肌を支えきれなくなります。すると、肌の弾力を支えているコラーゲン繊維が伸びてしまい、たるみの原因につながってしまいます。

顔のたるみは、顔に溜まった水分や脂肪の重みで起こっていることも少なくありません。こういった場合は、顔の脂肪を減らしたりリンパの流れをスムーズにすることで、見違えるようにフェイスラインがすっきりすることも!

リフトアップエステでたるみの原因にアプローチ!

リフトアップエステを受ける女性

リフトアップエステでは、たるみの原因「ハリ・うるおいの減少」「筋肉の衰え」「むくみや脂肪の増加」に対し、以下のような機械やハンドマッサージを使ってアプローチしていきます。

編集部まとめ

リフトアップエステでは、マシンメニューやハンドメニューを使ってあらゆる角度からたるみをケアすることができます。それぞれのメニューがどんなメカニズムでどんな効果を発揮するのかをしっかりチェックして、自分にあったリフトアップケアを見つけましょう!

マシンメニューのリフトアップ効果は?メカニズムと効果を詳しく解説!

鏡を見る女性

リフトアップエステに使用する機械には、さまざまな種類があります。それぞれの機械がどんなふうにたるみにアプローチするのか、そのメカニズムや効果を見てみましょう!

IPLフォトエステ

マシンを使ったリフトアップ

IPLフォトエステとは、波長が異なる複数の光を肌に当てることで、さまざまな肌トラブルを改善するケア方法です。リフトアップ効果のほかに、「美白」や「赤ら顔の改善」などの効果も期待できるため、美白エステやフェイシェルエステにもよく用いられています。

IPLフォトエステのリフトアップ効果

複数の美容効果が期待できるIPLフォトエステですが、その中でも注目したいのが「たるみ改善効果」です。

IPLの光を真皮層にあてると、肌内部で熱が生まれて「線維芽細胞」を活性化します。線維芽細胞とは「コラーゲン」や「エラスチン」を生み出す細胞のことです。
この線維芽細胞を活性化するとコラーゲンやエラスチンの生成が促されるため、リフトアップ効果を期待することができます。

IPLフォトエステは、リフトアップ効果だけでなく赤ら顔や美白にも効果があるため、たるみケアと同時に美白や美肌ケアもできるのが嬉しいポイントです!

ラジオ波(RF)

リフトアップエステ

ラジオ波(radio frequency)は、「RF」や「高周波」とも呼ばれる光のことです。ラジオ波をあてると肌の水分を振動させて熱を生み出し、さまざまな美容効果を発揮します。

ラジオ波のリフトアップ効果

ラジオ波をあてて肌を温めると、以下のような効果を期待することができます。

こういったラジオ波の効果は「ハリ・うるおい不足」や「むくみ」、「顔の脂肪」といったたるみの原因にアプローチするため、顔のリフトアップに繋がります。

ラジオ波が生み出す熱は、血行を促進したりリンパの流れをスムーズにすることができるため、顔のむくみや脂肪が気になる人にもおすすめです。

近赤外線

 
リフトアップエステ

近赤外線とは、ラジオ波よりも周波数の短い光のことです。この光をあてると、肌の奥で熱が生まれます。

近赤外線のリフトアップ効果

近赤外線は肌の奥まで届きやすい光です。この光を肌にあてることで、肌の温度を55℃~61℃まで安全に上げることができます。この55~61℃という温度は、傷を治すのに効果的だと言われている温度帯です。

近赤外線によって生まれたこの熱は、伸びてしまったコラーゲンやエラスチンを収縮させて肌のリフトアップをサポートしてくれます。

ハイフ

鏡を見る女性

ハイフとは、超音波を一点に集中してあてることで、目的の箇所に65℃~70℃の熱を与えるケア方法です。

ハイフのリフトアップ効果

真皮の奥には、「SMAS層」という箇所があります。「SMAS層」は、肌の土台となる部分で、ここが崩れると顔のたるみに繋がります。超音波を使用したハイフは、真皮だけでなくこの「SMAS層」にも働きかけることができるケア方法です。

超音波を使って集中的にエネルギーを届けると、SMAS層を引き締めてたるみをケアすることができます。
さらに、真皮層にも働きかけることができるため、コラーゲンの生成を促しリフトアップ効果をより長く持続させることもできます。

EMS

EMSでリフトアップ

EMSは、微弱な電流を流すことで筋肉に刺激を与え、引き締めるマシンです。ダイエットエステによく用いられるケア方法ですが、顔の筋肉にも用いることができます。

顔の筋肉は、年齢を重ねると衰えてしまいがちです。自己流で顔の筋肉を鍛えるのはなかなか難しいものですが、EMSを使えば顔の筋トレを効果的にサポートすることができます。

編集部まとめ

マシンメニューでは、化粧品では届かない真皮やSMAS層に働きかけることができるので、より効果的にリフトアップケアを行うことができます。 使用する機械によって肌のどの部分にどんなふうに働きかけるかが変わってくるので、それぞれの特徴を知って、自分にあったマシンメニューを選びましょう!

ハンドマッサージのリフトアップ効果をチェック!むくみをなくしてすっきり小顔に

リフトアップ効果

リフトアップエステでは、機械を使ったメニューのほかに「プロのスタッフによるハンドメニュー」を受けることもできます。では、ハンドメニューのリフトアップ効果についても詳しく見ていきましょう。

リンパマッサージ

ハンドマッサージでリフトアップ

リンパマッサージは、肌を優しく擦ることで肌の下にあるリンパを刺激し、流れをスムーズにするケア方法です。自己流で行うと、肌を強く圧迫してしまいがちですが、リンパ管は肌のすぐ下にあるため優しく擦ってリンパ液を移動させていきます。

リンパマッサージの効果

顔がむくむと、余分な水分や老廃物の重みで肌がたるみやすくなってしまいます。しかし、リンパマッサージを行うことで、リンパの流れをスムーズにしてたるみの原因となっていた余分な水分や老廃物を流すことができます。

経絡顔筋マッサージ

リフトアップエステ

経絡顔筋マッサージは、東洋医学に基づいたケア方法です。顔のツボを流れに沿って刺激することで巡りを良くするのと同時に、衰えた筋肉にアプローチしてたるみをケアしていきます。

編集部まとめ

リンパマッサージや経絡顔筋マッサージをはじめ、ハンドメニューはむくみをケアするものが中心です。しかし、店舗によっては代謝を促すマッサージや、たるみを引き上げるマッサージを行っているところもあります。 事前に公式サイトなどでケアの内容をチェックして、自分にあったハンドメニューを選ぶようにしましょう。

リフトアップ効果が高いのはどっち?ハンド中心とマシン中心のコースを比較!

悩む女性

せっかくリフトアップエステを受けるなら、より効果的なメニューを受けたいですよね。
リフトアップエステのメニューには、マシンメニューとハンドメニューがありますが、どちらがより効果的なのでしょうか。それぞれの効果を比較してみましょう。

マシンメニュー

マシンメニューの効果は、主に「ハリの向上」です。
IPLフォトエステやラジオ波などのマシンを使うと、肌の奥を温めてコラーゲンの生成を促すことができます。また、機械によっては顔の筋肉や肌の土台にアプローチすることも可能です。

ハンドメニュー

ハンドメニューの効果は、主に「むくみの改善」です。
プロの手によるリンパマッサージを行うと、リンパの流れがスムーズになりむくみを解消することができます。

マシンメニューとハンドメニューはどっちがいいの?

マシンとハンド、どちらのメニューも効果的にたるみにアプローチすることができます。しかし、それぞれたるみへのアプローチ方法が違うので、自分のたるみの原因を知って自分にあったメニューを選ぶことが大切です。

たるみの原因である「ハリ不足」「むくみ」「筋肉の衰え」の3つのうち、マシンメニューは「ハリ不足」や「筋肉の衰え」に、ハンドメニューは「むくみ」に効果を発揮します。そのため、肌がしぼみがちな人にはマシンメニューいつも顔がむくんでいる人にはハンドメニューがおすすめです。

編集部Voice

マシンメニュー、ハンドメニューのどちらも、施術を行うスタッフの技術によって効果の出方が変わることもあります。リフトアップエステを選ぶときは、できるだけしっかりと研修を受けたスタッフや有資格者がいるところを選びましょう。

リフトアップ効果に違いはあるの?エステと自宅のたるみケア

スキンケア化粧品

「リフトアップエステは気になるけれど、たるみケアは自宅でもできそうだし……」なんて迷っていませんか?

リンパマッサージのやり方はネットで調べることができます。それに、化粧品の中にはコラーゲンやエラスチン配合のものもたくさんあります。そのため、自宅でもリフトアップケアを行うことは可能です。しかし、エステで行うケアと自宅ケアではリフトアップ効果に大きな違いがあります。
では、エステと自宅ケアのリフトアップ効果の違いについて、詳しく見ていきましょう。

自宅ケアのリフトアップ効果

鏡と基礎化粧品

自宅でのリフトアップケアは、リンパマッサージや化粧品によるものが中心です。化粧品を使うと肌にうるおいを与えることができます。また、リンパマッサージを行うことでむくみをケアして、フェイスラインをすっきりさせることもできます。

しかし、通常化粧品はコラーゲンやエラスチンがある「真皮」までは届きません。また、自己流のマッサージで間違ったケアをしてしまうと、肌を引っ張ってたるみを悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。

エステのリフトアップ効果

リフトアップエステを受ける女性

リフトアップエステの特徴は、自分ではなかなかケアすることができない部分にもアプローチすることができるということです。

例えば、マシンを使うと肌の奥にある「真皮」や「SMAS層」に働きかけてコラーゲンの生成を促したり、肌の土台を引き締めることができます。
真皮やSMAS層は肌の奥にあるため自分ではなかなかケアすることができません。しかし、肌のハリ不足や土台のゆるみが原因で起こるたるみには、こういった部分へのアプローチがとても大切なのです。

また、機械によっては顔の筋肉にも働きかけることができます。顔にはいくつもの筋肉があり、自己流でこれを鍛えるのはなかなか難しいものです。しかし、EMSを使えば顔の筋肉に刺激を与えて効果的に鍛えていくことができます。

さらに、リンパマッサージなどのハンドメニューも、顔の筋肉や構造について詳しく知っているプロのスタッフが行うで、より効果的にむくみをケアすることができます。

編集部まとめ

毎日行う自宅ケアももちろん大切ですが、より効果的にたるみケアをしたいならリフトアップエステがおすすめです。プロの手によるケアでしっかりとリフトアップ効果を感じたら、今度はその効果を持続させるため、自宅ケアでサポートしていきましょう。 そうすることで、リフトアップエステの効果を長くキープすることができますよ。

リフトアップエステのここが知りたい!Q&A

指差す女性

リフトアップエステに興味はあるけれど、通う頻度や価格が気になる……。そんな人も多いはずです。そこで次は、そんなリフトアップエステに関する疑問にQ&Aでお答えします。リフトアップエステについてもっと詳しく知りたいという人は、要チェックですよ。

Q.どのくらいの期間で通うといいの?

A.通い始めは1~2週間くらい、安定してきたら月に一度くらいの頻度がおすすめです。

リフトアップエステに通い始めた頃は、肌が元に戻りやすい状態のため1~2週間に一度くらいの頻度でしっかりとケアしていくのがおすすめです。
しばらくしてリフトアップ効果が安定してきたら、スタッフと相談のうえ月に一度くらいの頻度にするといいでしょう。

Q.リフトアップ効果が高いのはどんな人?

A.これまでリフトアップケアをしていなかった人です。

これまでリフトアップケアをしてこなかった人ほど、リフトアップエステの効果を感じやすい傾向があります。ただ、こういった方はケアをしても元の状態に戻りやすいので、1~2週間と短い頻度で回数を重ね、しっかりとケアしていくとより効果的です。

Q.リフトアップエステの価格はどのくらい?

A.相場は1~2万円くらいです。

リフトアップエステの価格は店舗やメニューによって異なりますが、1万円~2万円くらいが相場です。

店舗によっては、初回は低価格で試すことができる「体験コース」や、お得なキャンペーンを行っている場合もあります。こういった体験コースやキャンペーンを使用すると、3,000円~7,000円くらいでリフトアップエステを試してみることもできます。

「まずは一度試してみたい」「サロンの雰囲気を見てみたい」という人は、こういったお得なコースやキャンペーンが開催されていないかどうか、事前に公式サイトやSNSをチェックしてみてくださいね。

リフトアップエステですっきり小顔を手に入れよう!

笑顔の女性

年齢を重ねるごとに気になりはじめる顔のたるみ。リフトアップエステでは、そんな顔のたるみをプロの手でケアすることができます。そろそろたるみが気になり始めてきたという人や、これまで自己流のリフトアップケアでは効果が出なかったという人は、リフトアップエステをぜひチェックしてみてくださいね。

ジャンル別ランキング

特集

Vituleのキャビテーション体験
Vituleのフェイシャル体験
ミスパリ体験
ラ・パルレ体験記事

コラム

人気エステサロン